C2980502_1503.GIF (213044 バイト)

図2 1998年5月2日にSOHO衛星のC2コロナグラフによって観測された,halo型CME.CMEを正面から見た場合に相当する.雪のように見える小さな白点や細い線は,CMEに伴って発生した高エネルギー粒子がコロナグラフの撮像素子に入射して発生したノイズ.(Courtesy of SOHO/LASCO Team. SOHO is a project of international cooperation between ESA and NASA.")

[本文に戻る] [目次に戻る] [図版目録に戻る]